2019年春休み プログラミング講座(小学生~高校生)

C++プログラミング 入門
ー本格体験!3日間集中講座ー

【対象】中学生・高校生
(小学生はご相談)
【日時】2019年3月26日(火)~3月28日(木)
10:00~16:00
【参加費】32,400円(税込)
【定員】20名
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス19号館

【申込み締切】3月19日(火)

―今回の募集は終了いたしました―

 


スーパークリエイターを目指す君に必須のプログラミング言語が学べる講座。
ただパソコンを使うだけじゃものたりない、と思っている中高生集まれ!

【なぜ「C++」を学ぶの?】

コンピュータは人間の言葉を理解しません。そこで、まず人間が「プログラミング言語」を使って、さまざまな命令を書き、それをコンピュータが機械語に置き換えて実行します。

この「プログラミング言語」にはさまざまな種類があります。
その中でも「C++」というプログラム言語は基本に近いものなので、これを学習することで、プログラミングとはどのようなものか、コンピューターはどのように動いているかがわかってきます。
つまり、コンピュータってどうやって動いているの? という基本を理解することができるのです。

「C++」は全世界で使われ、また実行速度が他の言語と比べてとても速いので、スピードが求められる大規模なソフトウエアや、科学的な計算・シミュレーションに向いています。
また、ゲーム制作会社からgoogleまで、多くの企業が、就職に必要な条件に「C++が使えること」をあげています。

世界のIT業界の最前線で働くには、C++プログラミングは必須のスキルなのです。

【どうやって勉強していくの?】

「C++入門」は、「C++」を基礎から楽しく学べる講座です。
プログラムの中身はこんな感じ。

難しそう!と思われるでしょうか。
大丈夫です。講座はロールプレイングのゲームのような冒険物語ふうの教材を使い、簡単なものから順を追って、楽しく、ゆっくりと進めていきます。

受講最終日にはひとりひとり、プログラムを作って発表します。
今まで参加された方は、全員がオリジナルプログラムを作ることができました。

講師は、早稲田大学理工学術院で、プログラミングを楽しく簡単にする研究をしている、鈴木 遼先生。早稲田大学理工学部の学生がアシスタントを務め、みなさんの学習をきめ細かくサポートします。

 

Viscuit親子ワークショップ
-絵だけで簡単プログラミング-

【対象】マウス操作ができる方
(参考学年:小学校新3年生~新6年生)
【日程】4月6日(土)
(1)9:00~12:00,(2)13:30~16:30
【参加費】5,400円(親子1組:税込)
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス19号館
【申込み締切】3月31日(日)

■お申込みはこちらから


世界一簡単なプログラミング言語で作品を作ろう!

「Viscuit(ビスケット)」は文字を使わず絵だけでプログラムを作ることができる、日本生まれの楽しいプログラミング言語です。

こんなことできるかな~? こうなったら楽しいのに!というみなさんの想いやアイディアが、すぐに形になって動き出します。半日の講座で、ストーリのあるアニメや、じゃんけんゲームなどが作れるようになりますよ!

このワークショップを通して、
「コンピュータって思ったよりも簡単!」ということにも気づいてもらえるはず。
お子さんだけでなく、保護者の方も夢中になってしまう、人気の親子講座です。

誰でも簡単に使えるプログラミング言語ですが、ある程度マウス操作に慣れていること、3時間の授業に参加できること(途中で10分ほどの休憩がはいります)が必要ですので、対象学年は小学校新3年生以上をめやすとしています。
保護者の方はできるだけお子さんにまかせて、見守ってください。

講師は鈴木 遼先生。早稲田大学の理系の学生(予定)がアシスタントとして皆様の手助けをします。

Siv3D for Kidsワークショップ
-ゲーム・アプリ開発者になってみよう!-

【対象】年長児~小学2年生(親子)
【日時】2019年4月7日(日)
(1)10:00~11:00、(2)13:00~14:00、(3)15:00~16:00
【参加費】3,240円(親子1組)
【定員】各回20組
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス19号館
【申込み締切】3月31日(日)

■お申込みはこちらから


ゲームやアプリの開発者はどんなことをしているの?
ゲームを作るプロセスを、ちょっとだけのぞいてみよう!

パソコンやタブレットのゲームで遊んだことはありますか?
どうやって作っているんだろう、と思ったことはありませんか?

この講座では、4 種類のゲームやアプリから好きなものを選んで、キャラクターを変えたり、動く速さを変えたりすることができます。
開発者になったつもりで自分のオリジナルゲームに仕上げていきましょう。

ゲームを作る画面にはプログラミングコードが表示されたりしますが、ここは理解しなくて大丈夫。でも、ゲームやアプリが遊べるようになるまで、開発者が何をしているか、ちょっとだけ見えるのが楽しいところです。

親子で遊びながら、プログラミングって面白いね、ゲームって自分で作れるんだね、と体感できる楽しい講座です。

※Siv3D(シブスリーディー)は、早稲田大学でプログラミングを楽しく簡単にする研究をしている鈴木 遼先生が開発したC++プログラミング・フレームワークです。Siv3D for Kidsはこのフレームワークを使って開発したゲームを、小さなお子さんでもカスタマイズして遊べるようにしたものです。当日は開発者の鈴木 遼先生が直接指導します。

(年長児はタブレット、小学生はパソコンを使う予定です)