【ワークショップ】Siv3D(C++ライブラリ)を使ってゲーム開発してみよう

  Siv3Dを使ってゲーム開発を体験してみよう

ゲームとメディアアートのためのC++ライブラリ「Siv3D」。
数行のコードで自分のアイディアがカタチになる楽しさを感じてみよう!


【対象者】 基本的なプログラム(C++入門レベル)ができる中高生 

ほんの10行程度のプログラムでお絵かきソフトが作れる「Siv3D」。

Siv3DはC++で楽しく簡単にゲームやメディアアートを作れるライブラリです。
Kinect(キネクト)やカメラ、マイクといった10種類以上のデバイスに対応し、
短いコードで音や画像を扱うアプリケーションを開発することができます。

Siv3Dって楽しそうだけど、どんなことができるの?
アプリ開発に興味があるけど、覚えることが多そうで一歩を踏み出せない。
C/C++言語を勉強しはじめたけど、挫折しそう。。。

そんなみなさんが簡単なプログラム作成を通じて開発する楽しさを学べる内容になっています。

めざせ、プログラミングスキルアップ!
Siv3Dを覚えることで、できることの可能性がぐーっと広がります!!

※12:00以降は同会場をコワーキングスペースとして開放します。
Siv3D、C++言語などの自習もOKです。
(質問受付可としますが、ほかの参加者のことも気にしながらみんなで楽しい時間を過ごしましょう!)

■Siv3Dってなに?
Siv3Dでどんなことができるのか?は、以下のサイト「Play!Siv3D」をご覧ください。
http://play-siv3d.hateblo.jp/

■【ワークショップ】  Siv3Dを使ってゲーム開発を体験してみよう

概要 
対象学年基本的なプログラム(C++入門レベル)ができる中学生・高校生

※基本的なプログラムができるレベルとは?
 ・ソースコードのコンパイル、実行ができる
 ・メッセージの出力や演算子、分岐、繰り返しなどの簡単なプログラムを
  テキストや参考書を見ながら自力で作成することができる
開催日時2016年5月29日(日) 9:00~12:00
講師鈴木 遼 (早稲田情報科学ジュニア・アカデミー講師)
会場早稲田キャンパス19号館(早稲田大学 西早稲田ビル)
参加料金税込 ¥4,000
その他・ノートパソコン(Windows7以降)の持参をお願いしています。

・パソコンがご用意できない場合は、貸出をいたします。
ただし貸出できる台数に限りがあるため、貸出は先着順といたします。
あらかじめご容赦ください。

・保護者様が見学を希望される場合は、申込フォームにてお知らせください

【お申し込み前にご確認下さい】
*会場には現地集合となります。
*飲み物やおやつなどは各自ご持参ください。
*最少催行人数に満たない場合は、開催を中止する場合がございますので予めご了承ください。
(参加料金は全額ご返金いたします)
*申込締切後、キャンセル待ちをご希望の方は事務局までお問い合わせください。
*ワークショップ参加キャンセルにつきましては、下記のとおりキャンセル料をお支払いいただきます。
ワークショップ開催日の14日前から8日前までのキャンセル:ご請求額の30%
ワークショップ開催日の7日前から前日までのキャンセル:ご請求額の50%
ワークショップ開催日当日のキャンセルまたは連絡なしでのキャンセル:ご請求額の100%

【参加のお申し込み】